このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

査定をしてマンションの相場が分かった。(男性/30代)

男性/30代

分譲で購入していたマンションを引っ越すことになって、マンションの売却を決めました。

マンションの売却について何も知らなかったので、地元の不動産会社で売却の相談をした時に、
会社によって違う仲介手数料やマンションの売却の流れを聞きました。

諸経費などの費用もでるということで、1つの会社に依頼をするのが不安になり、
一括査定サイトを利用することにしました。

一度の検索で複数の不動産会社の査定について見ることもできて、
他の会社との比較も簡単にでき、自分の条件に合っている不動産会社をいくつか選ぶ
ことができました。

依頼を任せた不動産会社は丁寧なマンション売却の流れを説明してくれただけでなく、
売却のために必要になってくるものをチェックシートを使いながら説明してくれたのが好印象でした。

依頼を任せた後にも連絡をこまめにしてくれる他、売却資料についての資料を送付してくれるので、安心して任せることができました。

人気No1のマンション一括査定サイトはこちら

マンションの相場についてすぐに知ることができた。(男性/50代)

男性/50代

自己所有しているマンションを売却しようと、不動産会社に査定の依頼をしに行きました。

ですが、査定を依頼するのなら複数の不動産会社に依頼したいと思い、インターネットで探して見たところ、
一括で査定をしてくれるサイトがあることを知って、そこで一括査定をしました。

一括査定は土地の広さや専有面積、間取りや方角、駅から何分かなど、
細かな情報まで入力して査定を行える
のが利点です。

他にも、最初に会社を選んでから情報を入力すれば、
その会社での査定価格を見ることができるので、複数の会社と比較するのも簡単
でした。

一括査定で選んだ複数の会社からさらに1つの会社に絞って、マンションの売却の依頼をしました。

まだ住宅ローンが残っていたので、その相談にも乗ってくれて、それを見積もった売り出し価格を提示してくれる担当者だったので、
希望に近い額での売却をすることができました。

売却の時に知らなかった知識(女性/40代)

女性/40代

マンションを売却することに決めて、不動産会社へ行った時、
売却をする時に税金がかかると言われて驚きました。

税金の計算について不動産で相談した時に教えてもらい、控除を利用して税金の軽減はできると知って安心しましたが、
予想外の出費だったので、売却を決めた時の記憶としては強く残っています。

不動産会社は一社目で親身になって相談に乗ってくれる方が担当者になってくれたので、
その会社ですぐに売却の依頼をしました。

ですが、また今度マンションの売却を決める時には、
インターネットで使える一括査定サイトを利用してみよう
かと思います。

担当者の方は親切でしたが、会社のほうでトラブルがあったということで、何度か約束していた時間に連絡を貰えないことがあったので、今度売却を経験する時には複数の不動産会社を比較してから依頼をお願いしようと考えています。

人気No1のマンション一括査定サイト

イエウール

イエウール
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 全国1200社以上の厳選された不動産会社が最適な査定価格を提案
  • 早く・高く・失敗しないで家を売却したい人にぴったりなサイト

よくある質問

一括査定サイトって何?

一括査定サイトとは、複数の不動産会社の査定価格を一度に公開してくれるサイトのことです。

自分のマンションの土地や物件タイプなどの情報を入力し、マンションの査定価格を出してくれることができます。

イエウールなどのサイトで一括査定が無料で行うことができるので、
マンションの売却を考えている人はぜひ利用してみてください。

複数の不動産会社を紹介してくれるので、査定価格や自分に合っている条件からいくつかの不動産会社をピックアップして、
どこの会社に依頼をお願いするかを考えてください。

その場での比較ができるので、候補を絞るのも簡単です。

一括査定するメリットって?

今までの不動産売却は、それぞれの会社へ赴いて査定をしてもらう必要がありました。

売却価格を知るためには専門的な知識が必要になってくる他、築年数や広さ、
構造や環境なども知っておく必要があるため、専門家に任せるしか売却価格を知ることはできません。

売却のために必要なステップの第一段階である査定自体が、すでに高く面倒な障壁だったのです。

ですが、一括査定サイトができてからは、一社一社、わざわざ会社へと赴く必要もなくなりました。

一括査定サイトを利用することによって、売却したいマンションについての情報を入力するだけで、
売主の条件に見合った不動産会社を紹介してくれます。

また、それぞれの会社の査定価格も提示してくれているので、どこの会社で依頼をすれば売却価格が高くなるか、
会社に行かなくとも知ることができるようになりました。

訪問査定って何?

訪問査定とは、売却依頼をしようと考えている会社から来た担当者が実際にマンションへ来て、
部屋の様子を見て査定価格を決める査定方法
のことです。

この時点ではまだ売却の依頼をしていないので、訪問査定をしてもらったから依頼を受けてもらおうと考えることがありません。

ならどうして訪問査定を行ってもらうのかというと、担当者を見極めるためです。
訪問査定を行うことによって、担当してくれている方の誠実さを見抜くことができます。

不動産会社によっては、売却価格を高く見積もることで、自分の会社に依頼をしてもらおうと考えていることがあり、
依頼をした後で売却価格を下げてほしいと言われることもあります。

訪問査定によって最初から高い売却価格を出してきている会社には要注意が必要になってくるので、
マンションの相場だけは必要最低限の知識として頭にいれておくようにしておきましょう。

清潔なマンションのほうが高く売れる?

買主が、このマンションを買いたいと思ってくれなければ、マンションの買い手はつきません。

そのため、マンションをできるだけ綺麗にしておくことが、高く早く売れるコツとなっています。
マンションを見に来ている人に好印象を与えるために、不必要なものは片付けて、部屋を散らかさないようにしておきましょう。

また、ペットを飼っている人の場合は、ペットの毛を処理しておくことも大切です。

買主の方はペットが苦手な方もいるので、ケージなどにペットを入れておくようにしてください。
他にも、水回りといった汚れやすい場所の掃除はきちんとしておく必要があります。

垢が残っていたりするだけでも、印象が悪くなってしまいます。

部屋を清潔で綺麗に見えるようにする簡単な方法としては、カーテンを開けておくことです。
照明をつけて部屋を明るくさせたり、インテリアに花を奥だけでも部屋の落ち着いた雰囲気を買主に見せることができます。

複数の不動産会社に依頼するほうが効率いい?

複数の不動産会社へマンションを売却したいということを伝えて、査定の依頼をすることによって、
複数の会社からの査定結果を一度に手に入れることができます。

そのため、渡された結果を比較しながら見ることができ、どこの会社に依頼すれば査定価格が高くなるのか、すぐに把握することができます。

査定価格の高い会社を見分けることができるのが大きな利点ですが、
他にも複数の会社へ依頼することの利点はあります。

依頼を受けてもらう会社の信頼度を図るために、担当者の対応や会社から入ってくる
連絡事項のわかりやすさについて、比較することができます。

一社しか査定の依頼をしていない場合は比較ができないので、依頼をした後に後悔する人も少なくありません。

まずは一括査定サイトを利用して、複数の会社に一括査定の依頼をしてみるのがいいでしょう。

専任媒介契約って?

マンションのの売却を行う際に結ばれる媒介契約の1つが、専任媒介契約です。

1つの不動産会社と契約を結ぶ方法で、依頼主が買主を見つけることもできます。

一社との取引なので、不動産会社は積極的にマンション売却の広告を行い、
マンションの売却がスムーズに進むよう取り計らってくれます。

また、不動産会社の方から2週間に一度、マンションを購入したいという希望者についての情報が依頼主へと連絡されるので、
マンションが売れるかどうか確認がしやすくなっています。

一社としか契約をしていないので、契約をしている会社のペースでマンション売却が進んで行きます。

そのため、担当となってくれている方とのコミュニケーションをしっかりとるようにしておきましょう。
売却までの時間は長いので、親しく話せる担当者であると、後から相談もしやすくなります。

専属専任媒介契約と専任媒介契約の違いは?

専属専任媒介契約は、専任媒介契約と同じで、一社としか契約をすることはできません。

ですが、専属専任媒介契約では、買主を依頼主が自分で見つけてマンションを売却することはできず、
マンション売却についてのほとんどのことを不動産会社に任せることになります。

マンション売却についての知識がほとんど無い場合や、
何から手を付ければいいのか分からない方は専属専任媒介契約を選ぶ
ようにしましょう。

全面的にサポートをしてくれる他、不動産会社からの積極的な宣伝活動を行ってくれるので、
マンションの売却方法に不安がある方にはオススメの契約方法です。

また、この専属専任媒介契約を結んでいる場合、不動産会社には1週間に1回以上、
宣伝活動やマンションへの問い合わせについて、依頼主へと報告する義務が科せられています。

そのため、安心してマンションの売却をすることができ、売却状況も知ることができます。

一般媒介契約って何?

一般媒介契約というのは、複数の不動産会社と契約を結ぶことのできる契約方法です。

依頼主が買主を見つけることもでき、売却に出しているマンションが人気エリアである場合は、
複数の会社が積極的な宣伝活動を行ってくれるため、早期にマンションを売ることができます。

この一般媒介契約には明示型と非明示型という2つの種類があり、明示型一般媒介契約の場合は
他に契約している不動産会社について、依頼をした不動産会社へ通知をすることが義務付けられています。

非明示型はその逆で、どの不動産会社に依頼をしているのか、通知をする必要はありません。

複数の不動産会社に依頼をしているため、すぐにマンションが売れる契約方法でもありますが、
複数の不動産会社へ支払う費用についてじっくり考えてから、一般媒介契約を結ぶかを決めるようにしておきましょう。

相場を知るにはどうすればいい?

マンションの相場を知るには、インターネットを活用するのがいいでしょう。

土地の価格を詳しく載せているサイトはいくつかあるので、それらを見て自分のマンションの相場を知っていくことが大切です。
土地の価格などは地域によって異なり、地域別のサイトでも提示されている情報には少し差が出てきます。

土地の形状や道路条件、建ぺい率などを意識しながらサイトを見ていけば、
自分のマンションの相場がどれくらいのものなのかが分かります。

インターネット以外でも、マンションの価格を掲載している広告に目を通すことでも、マンションの相場を知ることはできます。

1平方メートル、1坪あたりの単価や売り出し金額をチェックしていくことがポイントです。

マンションを売却する時に消費税はかかる?

依頼主が事業者でない場合は、消費税は発生しません。

ですが、不動産会社へ依頼をすると仲介手数料がかかるので、そこに消費税が課税されることになります。
建物は消費税の課税対象となっていますが、売主が個人である場合は消費税は発生しません。

建物を売却する際にかかる消費税は、事業者が事業を行う対価として得て行う資産の譲渡等となっているので、
不動産会社などの仲介をいれない限りは売却時に消費税がかかることはありません。

査定の時にリフォームはしたほうがいい?

査定を行う前にリフォームやリノベーションをしておけば、査定価格が増えると考える人もいますが、そこは難しいところです。

リフォームをしたからといって、確実に査定額が上がるわけではありません。

老朽化してしまったマンションをリフォームすれば、多少は価格も上がるかもしれませんが、
リフォーム代金以上の上乗せをしてくれるかどうかは微妙なところとなっています。

買主の中には購入した後にリフォームをしたいと考えている方もいるので、
お手頃な価格のマンションを探している場合は、査定前のリフォームは逆効果ともなってしまいます。

査定前に行うリフォームは、建物の老朽化で決めるのが一番でしょう。

自分だけでは決断が難しい場合には不動産会社に相談して、リフォームを行うかどうかを決めるようにしてください。

買い取りと仲介の違いって何?

マンションを買い取りとは、不動産業者がマンションの購入者となっている場合のことです。

購入者となる買主を探す手間が省けるだけでなく、仲介手数料もかからないので、
マンションを素早く売り、費用も安く済ませることができます。

マンションの仲介とは、不動産業者が仲介役として間に入り、マンションを購入したいという人を探してくれる方法のことです。

購入者が見つかり、契約が成立した場合には、依頼主は仲介役となってくれた不動産業者へ仲介手数料を支払うことになります。

仲介や買い取りのメリットは?

まず、仲介のメリットは売却価格によるものです。

仲介を選ぶと、買い取りの時よりも高い売却価格を提示してもらえるので、
大体の方は仲介を選んで査定をしてもらい、売却価格の高い不動産会社へ依頼をするようにしています。

買い取りのメリットとしては、マンションをすぐに売却することができるという点です。

仲介を選ぶと、購入者が見つかるまでマンションの売却をすることはできませんが、
買い取りは不動産業者との取引なので、すでに購入者が見つかっている状況です。

そのため、すぐにマンションを売却することができるようになっています。

マンションを時間をかけずに売却したいという方は、買い取りのほうを選んでみてください。

このページの先頭へ